ラオウ ケンシロウ ラオウ ケンシロウ

死ぬ間際に、いつか修羅の国に戻ってくる事の約束の証であるペンダントを返された。 本作は1983年から「週刊少年ジャンプ」で約5年連載されていた、ハードボイルドアクション漫画。 ギュンター アニメ版に登場した拳王軍の部下「リュウガ」部隊の部隊長です。

14
ラオウ ケンシロウ ラオウ ケンシロウ

ユリアへの報われぬ愛を貫き通したシンのために墓を作り、オウガイを手にかけた哀しみから愛を否定するようになったサウザーを有情拳で葬った。 麦芽のよう。 番組、サイト両方共に、 ケンシロウと同じ年齢のキャラとしてシンを併記しており、そしてどちらにも 「連載開始時の年齢」という注釈が添えられていた事を考えると、サイトが情報元であることはまず間違いない。

17
ラオウ ケンシロウ ラオウ ケンシロウ

「フドウ」の子供を鞭で打ち、その姿を見た「ケンシロウ」の怒りを買い全滅しています。

17
ラオウ ケンシロウ ラオウ ケンシロウ

また、カサンドラに捕らえた多数の拳法家から 崇山通臂拳をはじめとして、その拳法の秘伝や奥義書を得ることで北斗神拳以外の様々な流派の技術を己が技として会得しており、アニメではケンシロウとの初戦で羅漢仁王拳の 風殺金剛拳や の奥義(ユダの伝衝裂波に類似)を使用している。 眼光鋭くキリッとしたイケメン。 ケンシロウの北斗七死騎兵斬で左頬のガードが破損。

ラオウ ケンシロウ ラオウ ケンシロウ

(テレビアニメ〈第101、107話のみ〉)• 戦っていれば必ず敗れていたでしょう」。 その答えは、1986年に刊行された「北斗の拳 SPECIAL」の中にある。 父王アサムすら見捨てたカイ、ブコウ、サトラの3兄弟に対しケンシロウはあえて圧倒的な力を見せつけて叩きのめし、それにより3兄弟の心が一つになるように仕向けた。

7
ラオウ ケンシロウ ラオウ ケンシロウ

肺活量:8700c. 寸暇を惜しんで拳を振るい、黒王号を駆り、あらゆる拳法家と闘って数多くの極意を修得なされるという激務の日々を送っておられたのだ。 だが第三者の意見を参考にするなら、 ラオウ様のほうが確実に上だったことがわかる。

17
ラオウ ケンシロウ ラオウ ケンシロウ

最終的にレイの無償の愛はマミヤを救うことになる 8位 ヒョウ ・修羅の国の第二の羅将で、ケンシロウの実兄 ・カイオウの謀略によりケンシロウと戦うよう仕向けられ、兄弟で死闘を演じることになってしまう ・当初は北斗神拳やケンシロウに関する記憶を封じられていたが、その後記憶を取り戻しケンシロウと和解する 7位 サウザー ・南斗六聖拳「将星」の男。 無双シリーズではお馴染みの一騎当千のゲームシステムからか、奥義には北斗剛掌波・天将奔烈などを含め闘気を駆使して広範囲に攻撃するものが大半を占めるが、北斗羅裂拳や秘孔新血愁など単体集中の技も搭載されている。 4強とすれば数えられるが3強に絞ると落とされる位置である。

18