一 鷲田 清 一 鷲田 清

大阪大学教授、同総長、京都市立芸術大学理事長・学長等を経て、現在、せんだいメディアテーク館長、サントリー文化財団副理事長。 ………………………………………………………………………………………………………… つまり、「公共的なことがらに関して、観客になるのではなくみずから問題解決のためのネットワークを組んでいく能力、それが、リーダーに見落としがないかケアしつつ付き添ってゆくという意味でのフォロワーシップ」を持つことが重要なのです。

17
一 鷲田 清 一 鷲田 清

鷲田 一番しんどいのは、顔が見えないけれども、「私に向けられている」と受け取ってもらえるようにことばを紡ぎ出すということの難しさ。 『』角川学芸出版〈角川文庫〉、2008年12月。 『皮膚へ 傷つきやすさについて』、1999年11月。

18
一 鷲田 清 一 鷲田 清

1949年 京都府生まれ. [現職]大阪大学文学部教授.[専門]哲学,倫理学. 『モードの迷宮』ちくま学芸文庫,1996.『じぶん・この不思議な存在』講談社現代新書,1996.『ちぐはぐな身体』ちくまプリマーブックス,1995.『人称と行為』昭和堂,1995.『見られることの権利』メタローグ,1995.『だれのための仕事』岩波書店,1996. 「1997年 『原理論』 で使われていた紹介文から引用しています。 『昭和思想全史』三一書房 1991• 発起人 人物 [ ] 交友 詩人のは親友。 全部自前でやってきたんです。

一 鷲田 清 一 鷲田 清

同じしんどさでも、ちょっと違う照射角度から光をあてて、「こんなふうにも見えませんか」。 藤原 私が驚いたのはその言い切りです。

7
一 鷲田 清 一 鷲田 清

『男の老後力』海竜社 2008 「定年と幸福」文芸社文庫•。

20
一 鷲田 清 一 鷲田 清

『』〈ハンドブック・シリーズ〉、1998年6月。 『近代西欧社会哲学の精髄 ヘーゲル、マルクスからへ』彩流社 2006• 「[ひと模様]21世紀美術館で長年キュレーター 鷲田めるろさん 44 石川」『読売新聞』、2018年6月17日、27面。

7
一 鷲田 清 一 鷲田 清

しかも、ずらっと人が並んでみんな聞いているじゃないですか。 (鷲田清一) 2016. 鷲田清一、内田樹『大人のいない国 成熟社会の未熟なあなた』〈ピンポイント選書〉、2008年10月。

8
一 鷲田 清 一 鷲田 清

鷲田清一、、、『』講談社〈講談社選書メチエ 674〉、2018年5月。 「地域」や「コミュニティ」とはどのようなものなのか。 藤原 内科ですね。

3