から ドンキ ここ から ドンキ ここ

日本初! ファミリー型 総合ディスカウントストア 2008年に誕生した「MEGAドン・キホーテ」はPPIHグループの総力を結集し、「豊富な品揃え」と「驚きの安さ」をコンセプトに開発した、日本初の 「ファミリー型総合ディスカウントストア」です。 香港の店を運営する泛亜零售管理(香港)(Pan Pacific Retail Management(Hong Kong))社の竹内三善董事長兼社長は「元々この場所に出店の話をもらったときは、ミニドンキのようなものを作れたらと思ったが、立地特性を踏まえ、いろいろと検討した結果、新業態でさらなる挑戦をすることに決めた」と意気込む。 しかし、つくば店のアパレルコーナーはまったく違いました。

19
から ドンキ ここ から ドンキ ここ

それはまるで誘蛾灯にむらがる蛾のようでもある。 17年に販売した500円台のボージョレ・ヌーボーは衝撃的だった。

6
から ドンキ ここ から ドンキ ここ

メーカーや問屋の倉庫に眠っている、いわば不良債権。 この泥棒市場は大ヒットし、お客から「盗んできた商品を売っているから泥棒市場なんですか」と聞かれるほどだった。 ここまでチープだと、もはや清々(すがすが)しいとさえ感じる。

から ドンキ ここ から ドンキ ここ

「山頂限定」と書かれたアイテムもあり、ウナギの串、ホタテの照り焼き串(以上49香港ドル)のほか、まぐろのかま焼き(300香港ドル)などインパクトあるものも用意した。 店舗の商品が完全に入れ替わる日数が短くなっているが、生鮮品を扱う総合スーパー業態が加わったためだろう。 ですが、実際使うと、上記のような様々な理由から とても便利で重宝しています。

19
から ドンキ ここ から ドンキ ここ

全共闘世代なのに、学生運動には参加せず。

6
から ドンキ ここ から ドンキ ここ

オープンのタイミングに合わせ、300香港ドル以上の購入客にショッピングバッグや絵馬、風船などを進呈するほか、オリジナルデザインのオクトパスカードも発売する。

8
から ドンキ ここ から ドンキ ここ

総合スーパーは、経営環境の厳しさに直面している業態のひとつであり、PPIHによるグループ化の成否に注目が集まったことはいうまでもない。 つまり、多くの業界人が常識に縛られて思考停止していた一方、ドンキは顧客に支持される方法を考え続けて新たな手法を構築していったといえるのだ。 それぞれのブースに、のれんや腰巻き、ちょうちんを施し、縁日の屋台をイメージした店内には28のブースが軒を連ね、120を超える商品を並べる。

15
から ドンキ ここ から ドンキ ここ

毎日、主婦層に寄ってもらうための店作りに取り組んでいるのだ。

19
から ドンキ ここ から ドンキ ここ

外国人旅行者たちは、深夜営業の店舗にどんどん吸い寄せられる。 設立当初、売り上げが芳しくなく七転八倒した安田青年が目をつけたのは、廃盤品。 自分の好きな高さにT字を合わせ、そこにスタンドごとタブレットを引っかけるとなんとも 快適!! 絵も描きやすい! ゲームもしやすい! 最高! 早くに購入しておけばよかったと思いました。

12