語 現代 鶏口 後 訳 牛 語 現代 鶏口 後 訳 牛

蘇秦笑曰、「何前倨而後恭也」。 その中の以下のようなエピソードが由来になっています。

10
語 現代 鶏口 後 訳 牛 語 現代 鶏口 後 訳 牛

彼が子孫のために書き残した『 顔氏家訓』は、家族のあり方から子供の教育法、文章論、養生の心得、仕事に励む姿勢、死をめぐる態度まで、人生のあらゆる局面で役立つ知恵に満ちている。 燕は蘇秦に(遊説のための)資金を与え、趙に行かせた。

6
語 現代 鶏口 後 訳 牛 語 現代 鶏口 後 訳 牛

范蠡可(き)かず。

語 現代 鶏口 後 訳 牛 語 現代 鶏口 後 訳 牛

」 (そこで)粛侯は蘇秦に資金を渡し、諸侯に同盟を約束させた。 秦 しん ・斉 せい ・楚 そ ・魏 ぎ ・趙 ちょう ・韓 かん ・燕 えん です。

3
語 現代 鶏口 後 訳 牛 語 現代 鶏口 後 訳 牛

すぐに馬を走らせて逃げ去り、姓名を変えて、夜中に函谷関に到着した。

8
語 現代 鶏口 後 訳 牛 語 現代 鶏口 後 訳 牛

ウィキペディア【】参照。 洛陽の人で蘇秦という者がいた。

8