じゃ クレープ あまの く じゃ クレープ あまの く

完成した写真集を手にした天木は「めちゃくちゃ嬉しいです!」と率直な感想を語り、「凄くシンプルな表紙に感動しました。 小麦粉で作られるのクレープに対して、ガレットはそば粉で作られるのが特徴です。 仕上げてくださり本当に感謝です」とコメントした。

じゃ クレープ あまの く じゃ クレープ あまの く

同作はIカップのグラマラスボディを持つ天木が、初めて訪れた伊豆大島で、ありのままの姿を作りこまずに表現しながら、限界露出にもこだわって撮影した1冊となっている。 梅田駅から歩いて5分の場所にあるクレープスタンド シャンデレールはクレープの本場であるフランスの素材や製法をなるべく忠実に再現した本格的なクレープ専門店。

12
じゃ クレープ あまの く じゃ クレープ あまの く

クレープ以外にもガレットなども楽しめます。 すこし窮屈ではありますがあたたかみのある内装で、ゆっくりとくつろいでいただけると思います。

じゃ クレープ あまの く じゃ クレープ あまの く

とは言ったものの上がり下がりの多かった2013年 2014年も残すところ半分。

2
じゃ クレープ あまの く じゃ クレープ あまの く

ブララジルに向けて好スタートです。 二人のもうでっかい子どもと暮らしてます。 小さな階段をあがって2階、3階に。

14
じゃ クレープ あまの く じゃ クレープ あまの く

わたしたちがこの難波で「クレープリー・アルション」を始めようと思ったのはフランスで初めて口にした本場のクレープと、日本の街角で食べたことのあるクレープ。

4
じゃ クレープ あまの く じゃ クレープ あまの く

そして、「天木じゅんが、ありのままで存在している。

じゃ クレープ あまの く じゃ クレープ あまの く

実は地下にも隠れたお席がございます。 下部のクリームは「雲海」、クレープ生地を日本一の深さを誇る「駿河湾」に見立てた。 クレープリー・アルションの印象的な建物は1952年に建てられた洋館で、内装はあたたかな木調となっております。

じゃ クレープ あまの く じゃ クレープ あまの く

ぜひ天気の良い日はクレープと一緒に記念撮影してほしい」と話す。 店内は広々としておりおシャレな雰囲気。