の すすめ 学問 の すすめ 学問

諺 ( ことわざ )にいわく、「天は富貴を人に与えずして、これをその人の働きに与うるものなり」と。 第二条 内に居て独立の地位を得ざる者は、外にありて外国人に接するときもまた独立の権義を伸ぶること能わず。

19
の すすめ 学問 の すすめ 学問

百姓は米を作りて人を養い、町人は物を売買して世の便利を達す。 (を参照。 自由とわがままとの 界 ( さかい )は、他人の妨げをなすとなさざるとの間にあり。

の すすめ 学問 の すすめ 学問

福沢諭吉の学問のすすめ 人間は平等か? 学問のすすめ 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといえり この文章の先には じつは、 『いえり』という言葉が続くのです。 だって、 今の時代でもじゅうぶん通用するようなことが書かれているんですから。 心学、神学、理学等は形なき学問なり。

4
の すすめ 学問 の すすめ 学問

この議論は孔子様の流儀なれども、その実は大いに非なり。

の すすめ 学問 の すすめ 学問

その現実は、国として身のほどを知らないところからきている。

の すすめ 学問 の すすめ 学問

このままでは外国人に統治されると恐れていた日本は、急激に西洋の文化を取り入れ始め、追いつこうとしました。 人あるいはいわく、「政府はしばらくこの愚民を御するに一時の術策を用い、その智徳の進むを待ちて後にみずから文明の域に入らしむるなり」と。

1
の すすめ 学問 の すすめ 学問

著者 福沢 諭吉 出版日 1978-01-01 福沢諭吉は「学問をすればなんでも出来る」というようなことを言っています。