ポイント クロール ポイント クロール

その呼吸法の重要な3つのポイントと、その3つのポイントを習得するための練習法をご紹介します。

ポイント クロール ポイント クロール

無駄な力はバランスを崩すことに繋がりますから、綺麗なフォームをマスターしましょう。

2
ポイント クロール ポイント クロール

手のひらは重ねます。 ですので、息継ぎのときに顔の向きが上を向いて「天井が見えている」のはNGで、「クロールすると首が痛い」という人も顔の向きが原因でしょう。 指と指は少しだけ隙間があるくらいにします。

3
ポイント クロール ポイント クロール

胸のあたりをかいているときに顔を横に上げ、あばら骨を通り過ぎる頃に息を吸います。 そのため腕を下げた状態では上半身が浮き、下半身がしずみやすくなります。

5
ポイント クロール ポイント クロール

それに対して、脚をムチのようにしならせて、蹴る力が後ろに向かうように水を蹴ると、推進力が前方に働くため、効率的に前に進むことができます。 手首は曲げない。 そして、今も日本マスターズ水泳の現役で競技に参加しております。

19
ポイント クロール ポイント クロール

十分水中で鼻から息を出しますが、全部出し切ってはいけません。 つまり ストロークでクロールのスピードが決まってしまうということです。

4
ポイント クロール ポイント クロール

水泳やクロールが初心者の方は6割ぐらいの息の吐き出しでも良いかもしれませんね。

9
ポイント クロール ポイント クロール

ポイントキャッチアップとはキャッチングポイントを探している時、リカバリ終了後入水する時点が重複する練習です。 ここでも同じ課題をもつ子供同士のバディシステムなどを使い、教え合いながら課題解決に取り組むようにしましょう。

18
ポイント クロール ポイント クロール

そのため、足の甲を上から下に打ち付けるように蹴り込んでしまうと、進行方向とは別の方向に推進力が強く働いてしまって、速く進むことができません。 そこで、前にのばした手を、さらに前のほうに、少し体をひねりながら大きくのばします。 バケツではなくクロール中の腕のかきを考えれば答えは全く同じ、入水後水を捉え肘を曲げて肘高な状態で身体の近くを真っ直ぐ腕が伸びきるフィッシュまでかき降ろすと言うのが一番理に叶っていると私は考えています。

15