猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと 猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと

しかし、どうしてこれが水の本来の性質であろうか。 )」 これがどうして水の本性であろうか。 故に 患 ( くわん )も 辟 ( さ )けざる所あり。

16
猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと 猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと

「就」は"近づく"。 心に 至 ( いた )りては、 獨 ( ひと )り同じく 然 ( しか )りとする 所 ( ところ )無からんや。 人、善ならざること有る無く、水、下らざること有る無し。

7
猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと 猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと

~訳文~その1 告子が言うことには、「人の本性は、渦巻く水の流れのようなものである。

猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと 猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと

しかしこれらは水の本性と言えるだろうか。 人の本来の性質が善であるのは、水が下に流れるのと同様である。

猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと 猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと

此之謂不知類也。 民本 [ ] 孟子は領土や軍事力の拡大ではなく、人民の心を得ることによって天下を取ればよいと説いた。

7
猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと 猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと

生没年は紀元前372年頃~紀元前289年とされており、孔子の没後百年ほど後の人物である• 縦ひ彼言はずとも、籍独り心に愧ぢざらんや。 人性之無分於善不善也、猶水之無分於東西也。

1
猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと 猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと

縦ひ江東の父兄憐れみて我を王とすとも、 我何の面目ありて之に見えん。

猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと 猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと

故 ( ゆゑ )に 之 ( これ )を 內 ( うち )と 謂 ( い )ふ。 人に善というものが存在しないということは無く、水が下らぬということも無い。 また、この四徳を身につけるなかで養われる強い精神力が「浩然の気」であり、これを備え、徳を実践しようとする理想的な人間を称して「大丈夫」と呼んだ。

猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと 猶 下 の が なる 善 に 性 は 就く ほ 水 き し の ごと