県 地震 静岡 県 地震 静岡

静岡県内の市町では、37の市町のうち27の市町において、災害対策本部が設置された。

11
県 地震 静岡 県 地震 静岡

震度5以上の地震発生箇所を見てみると、 静岡県東部、特に伊東市の辺りでよく地震が起きていることがわかります。

県 地震 静岡 県 地震 静岡

4 出火・延焼による被害• 県によると、同プログラムでは187項目の地震、津波対策を推進していて、98%に当たる183項目で目標達成や計画の前倒しが実現している。 気象庁• 2017年7月29日閲覧。 東海地震の前兆は従来通り、を通じて発表される。

7
県 地震 静岡 県 地震 静岡

6 落下物などによる被害• 行方不明者がかなりに上っており、捜索に全力をあげたい」 とコメントした。 今回の地震は揺れの激しさに加え発生時刻が早朝だったため、家具の倒壊により就寝中の住民が死傷すると懸念されたが、死傷者数は比較的少ないとされている。

14
県 地震 静岡 県 地震 静岡

概要 [ ] 静岡県御前崎の北東35km沖のの深さ23kmの地点をとし 、(M)は6. 5 について 気象庁• NEXCO中日本発表値であり、一部の報道機関では100mと報道していた• 家屋での被害が少なかった1つの理由として、耐震対策が徹底されていた点が指摘されている。 焼津市沖の水深600m付近で、幅450m高さ10-15mの規模の海底が発生し 、崖下にて県所有の取水管の破損が確認された。 12日には1回の本部員会議を開催、静岡県が設置した災害対策本部は13日17時をもって廃止した。

県 地震 静岡 県 地震 静岡

引用元「」 地震被害予想と予想マップ 南海トラフ地震の被害予想(内閣府) 内閣府がH24年に算出した南海トラフ地震が起きた際の静岡県の被害予想は以下の通りですが、 静岡県は被害予想地域の中で最も被害が大きい都道府県です。

県 地震 静岡 県 地震 静岡

こうした地域の特性に合わせた津波対策を「 静岡方式」と称し、県下全域で展開しています。 同発電所には5つのがあり、廃炉予定の2つと定期点検中の1つは既に停止しており、残り2つが運転中だったが、地震の揺れを検知し自動停止した。 静岡県第4次地震被害想定について 平成25年度に静岡県が作成した「静岡県第4次地震被害想定」について説明します。