紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板 紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板

脳出血とは、何らかの原因で脳の血管が破れ、脳内(大脳・小脳・脳幹など)に出血が見られる状態。 それでも、再生不良性貧血や急性白血病とは異なり、 致命的な頭蓋内出血をおこすことはまれです。

9
紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板 紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板

10
紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板 紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板

ステロイドを使えない患者さんや、ステロイド療法を続けても血小板数が5万個以上にならない場合は、脾臓摘出を考えます。 従来の治療の柱だったステロイド薬の投与は副作用が多く、脾臓(ひぞう)の摘出手術も、手術前に治療効果を予測できないため二の足を踏む人が多かった。 慢性の患者さんのうち、血液1mm 3中の血小板数が5万個以上あれば軽症なので、治療をせずに経過をみます。

3
紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板 紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板

1.免疫細胞の活性化により自己抗体をへらすこと。 風邪などを含め他疾患にかかって病院を受診した際には、自身が特発性血小板減少性紫斑病であることをきちんと伝えましょう。 急性の患者さんの約90%は、数週間から数か月間で、自然に治ってしまいます。

3
紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板 紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板

compareDocumentPosition;return d? 症状については次項でご説明します。

2
紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板 紫斑 性 特発 病 減少 性 血小板

(4)その他 難治性TTPの場合には、ビンクリスチンやシクロスポリンなどの免疫抑制剤、ガンマ・グロブリン製剤などが経験的に使用されてきました。 小児では発症から6カ月以内に血小板の数が正常化する急性型が80~90%を占め、6カ月以上血小板の減少が続く慢性型は10%程度にすぎません。 ピロリ菌が陰性だった場合には、血小板の数に応じて治療方針を決定します。