王朝 ウル 第 三 王朝 ウル 第 三

それに対して、法典に示された条文は、「正義の定め」としての普遍的な規則、神が定めた守るべき秩序や準則を例示するものであって、ときに言われるようなを行使して王が定めた方ではない。 これをウル第3王朝という。

11
王朝 ウル 第 三 王朝 ウル 第 三

ダダシグ(在位81年間)• (前2113頃 - 前2096頃)• エンリルを祀ることでなんとか統一を維持していたが、すでに第2章で紹介したように市など諸都市はウル市とはちがう月名を使用していた。 一方、は、にのがのを破って新王に即位したが、の台頭に押された。 の時代には、当初はの勢力圏下に置かれたが、の治世にミタンニ王国の影響下を脱すると、を征服しての一大勢力となった。

4
王朝 ウル 第 三 王朝 ウル 第 三

ウシ・ワタル(在位7年間)• メスヘデ(在位36年間)• 王朝が滅亡する過程の中でラガシュ、、の勢力が台頭した。 の軍事司令官であったが自立して、前22世紀末に ウル第三王朝が建てられた。

3
王朝 ウル 第 三 王朝 ウル 第 三

孤児やに代表される社会的に弱い立場にある人たちを、強い立場にある人たちの搾取や抑圧から守り、弱い立場にある人たちの正義が蹂躙されたときには、その正義を回復することが、王の責務となったのです。 の防衛とは、都市に周壁を築いて外からの攻撃に備え、万一攻められたときには、軍隊を率いて外敵と戦うことです。 もはや中心部(シュメール・地域)の統治も出来ない状況が示されている。

9
王朝 ウル 第 三 王朝 ウル 第 三

「ジッグラト」については 記事「テル(遺丘)とジッグラト」の第二節「」に書いた。 以上の指摘を踏まえつつ、本記事では日本オリエント学会編『古代オリエント事典』および『』(東洋書林 , 2004年)の項目も「シュメール」表記であることや現状の教科書等の表記に準じて「シュメール」として進める。 ラガシュが初期王朝時代および王朝末期に持っていた重要な地位はその後 回復することはなかった。

10
王朝 ウル 第 三 王朝 ウル 第 三

ウルナンム以下の3法典は、あくまでもその条文に示された社会正義を実行するように人びとを導くことにあった。

12